薬剤師の求人に応募したこと

薬剤師の求人で確認しなければいけないこととは

薬剤師は専門的な大学で必要な履修科目を終了して、そこから国家試験に合格することで取得できる資格になっています。特別な種類に属するので専門的な業務を専属で行うという印象を持っている人もいますが、実際は就職する職場の形態によって変化することは知っておく必要があります。 薬剤師の仕事は中心になるのが調剤であり、他に高度な知識を持っていれば研究施設に採用されることもありますが、ほとんどが医師の処方箋に従って医薬品を調剤するというのが主な業務です。しかし、現在はドラッグストアのように医薬品よりも食料品や雑貨などをメインで販売している店舗があり、そこでの薬剤師の仕事は調剤だけではなくなっています。これは客層が医薬品を求める人よりも食料品や雑貨などを求める人が多くなっているからであり、医薬品を求めていない客が多くなるとレジ打ちや商品の棚入れなど、一般の店員と同じ仕事を要請する可能性もあります。 薬剤師の求人は基本的に調剤をすることを求めていますが、店舗によってはそれだけではないということを認識していないと、実際に業務を行う際に困惑してしまうでしょう。求人の内容には調剤以外の業務を行う場合があることを別の名称で記載しているケースもあるので、他の業務を兼務する内容の求人であれば、それがどのような内容なのか知ってから応募する方が最適だと言えます。

薬剤師の求人は多く総合病院に就職 | 夜勤が辛くドラッグストアへ転職 | 患者さんとの距離が近いので調剤だけでなく服薬にも注意している  | 薬剤師は求人がたくさんあり  | 薬剤師の求人で確認しなければいけないこととは