薬剤師の求人に応募したこと

夜勤が辛くドラッグストアへ転職

ただここでいつまでも就労はきついなとも感じてきたものです。
総合病院ですから夜間診療も当然ながらあります。
交代制をとっていて夜勤がある日はさすがにきつく感じられました。
私一人だけが勤務をするわけではありませんが、体力もかなりいるなど将来に不安を感じ始めたわけです。
そこで大病院からかかりつけ薬局やドラッグストアでの就労が出来ないか、探すことになりました。
幸いこの地域ではドラッグストア内の処方箋受付薬局が多くありまして、その中で条件がよりよいところを探すことが出来たため、選択肢があったことが幸いしました。
複数のところへの応募を行い結果、より条件がいいところへの採用となって今日に至ります。
ドラッグストアで原則夜勤はないところでしたが、携帯電話を交替で持つように言われてもいます。
患者さんからの薬の服用について、しっかりと対応が出来るように交代制による対応を行うとのことでした。
患者さんが高齢な人も多く、薬を複数箇所で処方されている人も少なくありません。
中には飲み忘れや同じ薬の処方を受けている人もいて、もう少し薬の残薬整理もしなければならないと思いをいたしています。
薬の処方以外にも飲み忘れによる管理についても話をする機会が増えています。
要介護者の担当ケアマネジャーからも情報が入ります。

薬剤師の求人は多く総合病院に就職 | 夜勤が辛くドラッグストアへ転職 | 患者さんとの距離が近いので調剤だけでなく服薬にも注意している  | 薬剤師は求人がたくさんあり